--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  | 

2008.06.26 (Thu)

SGのノックバックについて 解説編その3

とりあえず前回までで、SGのノックバック方向についての説明はおわりました。
今回は、少し細かいところの解説です。

注目するのは、一度SGオブジェクトに数が割り当てられたら、その数はSGの効果終了までずっと使われるというところです。

つまり、セルごとのSGのノックバック方向は、SGの効果時間中はずっと固定されます…!

というわけでまず、同じセルに複数の敵がいた場合でも、必ず同じ方向にノックバックします。同じセルにいるのに、1匹は西に飛んで、1匹は東に飛んで…とかはないわけです。
時計4の本部屋で、うまくプリが位置取ったのに、SGのあとことごとく本がウィズの方に向かっていったりしたことがあります。
これはおそらく、1セルに敵がまとまっていたこと、そして最初のノックバックがプリと離れる方向になっていたため、ほぼ全ての本がプリから離れてウィズ側の方に移動してしまったためだと思われます。
逆にいうと、本部屋でもうまくいくときは本当にうまくいくということです!

そしてもう一つ、きのこや草などの非移動でほぼ凍らない敵の場合、SGをうまく設置すると往復ノックバックができることがあります。
これは、ノックバックする方向は決まっているため、一度往復が始まると、最後まで往復し続けることを利用したものです。いろいろな偶然が重なると、四角形の形に草が移動したりもします。(右にノックバック→上にノックバック→左にノックバック→下にノックバック→右にノックバック…という感じ)



解説ばかりでもおもしろくないので、実践編も書いてみようと思います…!
Wiz-SG解説  |  TrackBack(0)  |  Comment(0)  | 

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rojuice.blog17.fc2.com/tb.php/71-f71da2ac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。