--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  | 

2008.06.23 (Mon)

FW-SG割りのちょっとした疑問

SG滑り割りの記事を書こうとして、ちょっと疑問が残っていたので先に書くことにしました。

fwsg_ss.jpg

よくある滑り割りの風景です。(だと思います)
ここでアラームが一番左のFWを消費すると、SGがヒットし左にノックバック→凍ってもFWにぶつかって割れる、という滑り割りが成立します。
平面の図にしてみます。
fwsg2.gif

(黒丸がウィズの位置、緑丸が敵の位置、★はSGの指定位置です。
水色の部分にSGのオブジェクトが発生して、薄い水色はそのオブジェクトの及ぶ範囲です。)
こういう感じで、うまいことSGの効果最外周に敵が当たることでノックバックを制御しています。


ここで疑問なのが、ここでもしアラームが一番左のFWを消費しないままSGが発生したときです。
先ほどの図を修正するとこんな感じです。
fwsg.gif

ちょうど一番左のFWの位置が、SGの及ぶ最大範囲となっています。

このとき敵はFWのセルに移動→FWにより2セルノックバックを繰り返すのですが、SGが当たることがあったり、全く当たらなかったりとよくわからないのです。
SGが当たったとしても、ヒット間隔が長く残念な結果になります。
いろいろ試しましたが、どの方角でも同じでした。SGが当たることもあれば、当たらないこともあります。

どちらにしてもこういう状況にならないように、FWの消費量とSGの発動までの詠唱のタイミングをうまくあわせ、綺麗に滑り割りを成功させたいところです。
RO日記  |  TrackBack(0)  |  Comment(0)  | 

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rojuice.blog17.fc2.com/tb.php/66-12927c62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。